海外旅行保険に加入するならインターネットを利用しよう

説明

保険で家計を節約

北海道で暮らしながら家計の節約を検討している人は沢山います。家計のなかでも固定費である保険の見直しを行うようにしましょう。保険を見直すために、無料で安心して相談のできるファイナンシャルプランナーを利用するとよいです。

個人手配の落とし穴

飛行機の模型

海外旅行には必須の手続き

現在では国内旅行と同じように気軽に海外へ出かけることができるようになりました。学生の修学旅行先が国外であるということも珍しくありません。しかし海外旅行のハードルが低くなったとはいえ、国内旅行とは異なり気を付けなければならない点がいくつかあります。中でも大切な手続きが海外旅行保険への加入です。旅行代理店でツアーを申し込む際には担当者から海外旅行保険の案内があるので見落とすことはまずありませんが、インターネットで個人手配する場合は忘れないようにしましょう。航空券やホテルと同じように、海外旅行保険もインターネットでの申し込みが可能です。旅行先の国、滞在期間などによって保険料が変動します。あらかじめ申し込んでおかなくとも、日本国内の国際空港には海外旅行保険カウンターがあるので当日加入することも可能です。しかし海外旅行保険の補償期間は「家を出てから家に戻ってくるまで」です。空港での当日加入では自宅から空港への移動中は無保険状態になるので、その間にトラブルが発生しても補償を受けることはできません。そのため事前にインターネットで加入しておく方が安心なのです。インターネットでの事前申込みであれば保険証券は各自ダウンロードし、印刷して携帯する方式が主流です。郵送で送ってもらえることもあるので、旅程が決まったら早めに申し込みを済ませます。旅行中はトラブルが発生した際の緊急連絡先も一緒に持ち歩きましょう。

メンズ

FP相談で気になる費用

お金の相談をファイナンシャルプランナーに相談したい際に大分で探す場合は、それぞれ料金体系が異なります。時間制や月額、年間契約など異なりますので自分に合った料金体系のファイナンシャルプランナーを選ぶことです。

考える人

法人加入のメリット

逓増定期保険は法人向けの節税商品としては中核的商品です。この商品は事業の拡大にともなって保険金額が逓増するタイプで、解約返戻金も一定期間上がっていきます。支払い保険料は2分の1を損金処理出来ますが、会社によって型がありますので2分の1や全額が損金処理できる商品もあります。